サントリーウォーターサーバーのメリット・デメリット

サントリーウォーターサーバーのメリット

通常のウォーターサーバーだと温度を設定することはできませんが、サントリーウォーターサーバーは4段階温度設定機能が搭載しています。
冷水・お湯それぞれ2段階ずつ温度を設定できるようになっており、使用目的によって自由に変更できます。
特にお湯の弱湯モード(70~75度)は赤ちゃんのミルク作りに最適です。
さらにサーバーには小さなお子様がいるご家庭に嬉しい2重のチャイルドロック機能が備わっています。
注水ロック機能の他に全操作ロック機能も搭載しているので、お子様によるサーバーの誤使用を効果的に防ぐことが可能です。
この他にも1日1回サーバー内に熱水を循環させ品質を保つおいしさキーパー機能も備えています。

水は7.8Lの軽量ボックスタイプを採用しており、力に自信がない女性や高齢者の方でも簡単に設置できるように工夫されています。
取り付け方法もとても簡単なので初めてウォーターサーバーを利用する方でも安心です。
使用済みのボックスはコンパクトにたたむことができ、ゴミ箱がかさばることもありません。
ボックスに非常時用コックを装着すれば、そのまま利用できるので万が一の時の非常時用ストックにもなります。

そして、サントリーという大手メーカーが提供していることもあり、高い品質を誇っています。
200項目の基準で検査を行うため、心から安心できる水を使うことができます。

 

|  サントリーウォーターサーバーのメリット |  サントリーウォーターサーバーのデメリット |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁