サントリーウォーターサーバーのメリット・デメリット

サントリーウォーターサーバーのデメリット

サントリーウォーターサーバーのデメリットは毎月のランニングコストの高さです。
水代も他の天然水ウォーターサーバーと比較すると割高ですが、一番気になるのはサーバーレンタル代がかかることです。
毎月1000円(税別)のサーバーレンタル代が発生するので注意してください。
さらに水は天然水ボックス3箱(23.4L)からしか注文することができません。
家族で使うのなら問題無く使いきることができますが、単身者だと多く感じる人もいるでしょう。

通常プランだと解約金はありませんが、年割プランで契更新月以外で解約すると3000円の解約手数料が発生します。
仮に年割プランで11ヶ月以内に解約した場合は5000円の解約手数料がかかります。
対象期間の最終月に解約の連絡をしないと1年間自動的に更新されてしまうので、解約を希望される場合は気をつけないといけません。

おいしさキーパー機能が作動している間はウォーターサーバーを使用することはできません。
そのため、必ずタイマーで作動時間を設定するようにしてください。

サントリーウォーターサーバーのデメリットは主にこのようなものです。
くれぐれも年割プランの解約方法を確認してから契約してください。

 

|  サントリーウォーターサーバーのメリット |  サントリーウォーターサーバーのデメリット |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁